ニュース

大仁田が松永に10月の「さよなら大仁田」での“1日限定復帰”をオファー?

20170106
 1・5新木場大会の第2試合終了後、「FMW対W★ING デンジャラス・トーク対決」として、大仁田と“ミスター・デンジャー”松永光弘がトークショーを行った。
 2人はFMW黎明期に行われた本邦初の有刺鉄線デスマッチや、松永がW★INGからFMWに移籍する際のエピソード、初期FMWでの思い出話などに花を咲かせた。
 トークショー終了後、大仁田が10月に予定している「さよなら大仁田」興行に、「1日限定で出てくれない?」と仰天オファー。それに対して、松永は苦笑していた。




<ダイジェスト>

★セミファイナルでは、‘チーム赤鬼青鬼“の雷神矢口&橋本友彦が、Hi69&円華の若手コンビを迎撃。重量級相手に奮闘したフレッシュ軍だったが、最後はHI69が橋本のフリップラ・クロスフェイスでギブアップを奪われた。
★GPSプロモーション所属の小波がFMW初参戦。石橋葵と組み、ミス・モンゴル&ミス・コハルのモンゴル軍と対戦。健闘するも、コハルが石橋に逆さ押さえ込みを決め、勝利を飾れず。
★聴覚障害者プロレス団体HEROのエースである聾レスラー・友龍が初参戦。雷電、佐野直とのトリオで、ワイルド・セブン&ワイルド・ベアー&ワイルド・ドラゴンのワイルド軍と対戦。試合はエキサイトしたセブンとベアーが、雷電をブルロープで絞首刑にして反則負けを喫し、友龍組が辛勝した。

<試合結果>
超戦闘プロレスFMW「新春悪夢」
1月5日(木) 東京・新木場1stRING (18時)  観衆350人(満員)

1.タッグマッチ 20分1本勝負
○戸井克成&寺尾利明(13分28秒、エビ固め)ザ・ショッカー1号●&佐藤恵一
※フィッシャーマンバスター
2.6人タッグマッチ 30分1本勝負
友龍&○雷電&佐野直(13分11秒、反則勝ち)ワイルド・セブン●&ワイルド・ベアー●&ワイルド・ドラゴン
※セブンとペアーが2人がかりでロープ絞首刑
3.FMW女子プロレス・タッグマッチ 30分1本勝負
ミス・モンゴル&○ミス・コハル(12分40秒、逆さ押さえ込み)石橋葵●&小波
4.タッグマッチ 45分1本勝負
雷神矢口&○橋本友彦(11分37秒、フリップラ・クロスフェイス) Hi69●&円華
5.「さよなら大仁田・最後の引退ツアー」第1弾師弟対決~ストリートファイト有刺鉄線ボード6人タッグデスマッチ 60分1本
○大仁田厚&保坂秀樹&リッキー・フジ(11分23秒、エビ固め)田中将斗&黒田哲広&NOSAWA論外●
※サンダーファイアーパワーボム

記事一覧へ戻る

ページトップへ