ニュース

大仁田が“旧敵”チャボさんを偲び、FMW2・24新木場で追悼セレモニー

20170214
 大仁田厚が2月11日(現地時間)、米アリゾナ州フェニックスの病院で、肝臓がんのため死去した、“旧敵”チャボ・ゲレロさん(享年68)を偲び、超戦闘プロレスFMW2・24東京・新木場1st RING大会(19時)で追悼セレモニーを行うことを決めた。
 82年3月、大仁田は米ノースカロライナ州シャーロッテで、チャボさんを破り、NWAインターナショナル・ジュニアヘビー級王座を奪取。その後、両者は同王座を巡り、全日マットで幾多の名勝負を繰り広げた。同11月の同王座決定3番勝負最終戦では、大仁田がチャボを下し、王座奪還に成功したが、試合後、納得がいかなかったチャボさんが、トロフィーで大仁田をめった打ち。大仁田は左腕を32針縫合する裂傷を負い、2人の遺恨は深まった。
その後、33年の月日を経て、昨年8月26日、ディファ有明でのファイヤープロレス旗揚げ戦で、両者はタッグを結成し、過去のわだかまりを水に流したばかり。同11月27日、全日本プロレス・両国国技館大会でも、2人は再会を果たしていた。
チャボさんの突然の訃報にショックを隠せない大仁田は「去年会ったときは元気で、『春にはまた来るよ』と言っていたのに残念でなりません。オレの歴史には絶対に欠かせない人だし、チャボとの抗争があったからこそ、その後のオレがあったと思う。ある意味、チャボとの闘いがなかったからFMWも、今のハードコアスタイルもできなかったかもしれない。だからFMWのリングで送り出してあげるのが適切だと思う。オレや、同じジュニアの選手の(ザ・グレート)サスケ、チャボと親交があったNOSAWA論外にも、追悼セレモニーに出てほしい」とコメントした。

記事一覧へ戻る

ページトップへ